南アフリカランド円の逆張りとスワップ金利

南アフリカランド円の逆張りとスワップ金利 昨日はアメリカのFOMCと日銀の件で、めちゃくちゃ円高になりましたね。
円絡みのすべての通貨ペアに影響が出ていたと思います。

そして、南アフリカランド円、スワップ金利で有名な通貨ペアです。

本当は、というか絶対にやってはいけないエントリー方法なのですが、「ここまで下がったから…」と思い、南アフリカランド円をロングにてエントリーしました。

エントリー:6.780(ロング)
決済:6.801
損益:+2.1pips スワップ1万通貨あたり+11円
エントリーの根拠
今までにおいてかなりの低い価格となったため(根拠としては不当)。
また、ランドは流動性は低いがロングポジションに割と大きなスワップが付くため、長く保有しようかと考えたため。
しかし、来週のイギリスのEU離脱問題を前に、ビビって決済に至る。

イギリスの国民投票がなければ、絶対に長期的に保有していたと思います。
ランド円はこのくらいの価格であれば、1万通貨あたりの証拠金が2800円弱なため、そうそうにロスカットされるものでもないと思いますが、危険な勝負はしないってことを思い出しました。

イギリス、どうなるんでしょうかね。。。