今後のドル円は上と予想

2017年2月ドル円週足チャート 連日、トランプ大統領の件でニュースが賑わっていますね。

先日は、日銀のランチタイム指値オペ騒動もあったりして、ドル円は乱高下をしています。

今後のドル円について、トランプ大統領の政策がリスクだとか、中国やヨーロッパの情勢が不安定でリスクだってことで、円高に振れる予想が多いです。
しかし、僕はドル円は上に向かうと予想します。

その根拠は、

  • トランプ大統領の円安批判は口先だけであること
  • トランプ大統領の円安批判後に日銀が堂々と指値オペを実行したこと
  • イヴァンカさんが安倍総理推しだということ
  • (現時点で)110円どころか111円も割ることができていない
  • アメリカの利上げが年3回でも不自然ではないと言われ始めたこと
  • MAKE AMERICA GREAT AGAIN

こんなところでしょうか。

そしてテクニカル的には、
2016年11月8日の安値:101.194
2016年12月15日の高値:118.663
のワンスイングに対するフィボナッチで、
38.2%:111.990
50.0%:109.929
61.8%:107.867
76.4%:105.317

となっています。
今現在では、38.2%を少し割った辺りにいます。
本記事の最初に掲載してあるのはドル円の週足チャートなのですが、現在上昇に対する調整中にみえなくもありません。

ドル円は、買いです!

まずは、2月10日に行われる日米首脳会談に注目ですね。