定刻の要人発言は火傷する – イエレンFRB議長編

要人発言で乱高下 経済指標をチェックしていると、要人の会見というものがありますね。

今回は、先日行われたイエレンFRB議長の発言について、その時のチャートの動きを書き残しておこうかと思います。

今回の焦点はアメリカの利上げの有無とその時期ですね。
少し前までは9月の利上げは絶望的だと言う流れでしたが、ここ最近のアメリカの状況が好調であり、9月の利上げの可能性が少し出てきました。

今回のイエレンFRB議長の発言では、年内の利上げは濃厚になったものの、時期については触れませんでした。
本記事冒頭に貼ってあるチャートの左側、一度高騰し全戻しよりも大幅に下落しています。

年内の利上げ濃厚で高騰し、時期について触れなかったために下落しました。
まさに乱高下ですね。

しかしその後、おだやかではありますが、再度上昇していますね。
暴落の後に上昇したのは、フィッシャーFRB副議長が9月の利上げも十分にあり得る旨の発言をしたためです。

このように、要人の定刻発言はかなり乱高下します。
今回は結果的には上に行きましたが、途中100円割れするんじゃないかというくらいに、勢いよく下げたりもしています。
おそらく、多くの人がロング・ショートにかかわらず逆指値で切られていると思います。

こういった発言時にポジションを持つのは危険です。
よほどの資金力がない限りは避けるようにしたいものです。