XMのハイレバレッジは本当に危険なのか?

FXにおいて、損益を大きくすることができるレバレッジ。
ハイレバレッジは危険だということをよく耳にします。

しかし、私はずっとこのことに対して疑問を抱いてきました。
本当にハイレバレッジは危険なのでしょうか?
今回は、ハイレバレッジについて考察したいと思います。

レバレッジを私なりに分かりやすく説明すると、自分の資金を何倍にして取引をするか、という倍率みたいな感じですね。
レバレッジが100倍であれば、1万円で100万円分の取引ができるわけです。

レバレッジが高ければ、より少ない証拠金で取引ができるということです。

ここで誤解しないでいただきたいのは、同じポジション量であれば、レバレッジに関係なく損益は同じです。
米ドル円1万通貨のポジションで10pips動けば、損益は1000円なのです。
違うのは1万通貨持つための証拠金です。

米ドル円のレートが100円だとして、米ドル円1万通貨の必要証拠金は、
レバレッジ1倍で、100万円。
レバレッジ25倍で、4万円。
レバレッジ888倍で、1127円。

証拠金が違うだけで、その後は同じなのです。

どこに危険があるのでしょうか?
むしろ証拠金が小さい分だけ、安全なような気もするのですが…

ハイレバレッジ、魅力的です。