ドルリラの1500pipsの荒波と窓閉め

ドルリラの窓閉め ドルリラのチャートが凄まじいことになっています。

トルコのクーデター騒動で、ドルリラが急騰し、その後500pips程の窓を開けて3分の2程までは戻りましたが、再度上昇しクーデター騒動の時よりも高値を更新しました。

凄まじいリラ安が進んでいます。
まさか、こんなにも短期間で500pipsの窓を完全に閉めるとは思いませんでした。

クーデター以前の水準と比べると、1500pips程上がっています。

トルコは将来性が高い国だと言われていました。
ここ最近の騒動で、その可能性は低くなってしまったかもしれませんが、私は信じています。

そんなわけで、チャートが落ち着いたら、XMにてショートエントリーします。
追証がある証券会社では、怖すぎてエントリーできません…

ドルリラショートには、割のいいスワップも付きます。
さて、どんな結果が待っているのでしょうか。。。