初心者が気軽にFXに手を出してはいけない理由

初心者が気軽にFXに手を出してはいけない理由 このチャートは2016年5月後半から7月初旬にかけた、日足のものです。
1か月ちょっとの期間のポンド円の為替です。

約30円の値動きがありますね。
おそろしい値動きです。

DMM.com証券でFXを始めた場合には、取引できる最低ロットは1万通貨です。
レバレッジは25倍固定です。
5万円程あれば、ほとんどの通貨ペアにおいて取引が可能です。
※取引が可能なだけで、安全な取引にはもう少し資金が必要です。

1万通貨にて、為替に30円の変動があった場合には30万円の損益が出ます。
30万円プラスするか、30万円マイナスするか、のどちらかです。

初心者のメンタルでは、30万円プラスが出る前に、おそらく利益確定をしますので、実際に30万円儲けることができる人はいないと思います。
でも、30万円損してしまう人はいると思います。
初心者のメンタルで、マイナスにて決済するということは難しいのです。

ここで、口座には5万円しかないのに、マイナス30万円ってのはどういうことか。
大抵の場合は、口座の金額分がなくなってしまった時点で、強制決済させられるのですが、値動きが急な場合には口座残高よりも多くの損失を背負わされることになります。
要するに、借金です。

今回のイギリスのEU離脱に関しても、借金を背負わされた人はいるとの噂です。

為替市場には、我々のようなサラリーマンで経済の知識なんかほとんどない、っていう兼業トレーダー、プロの専業トレーダー、巨額の資金を有するファンド、銀行、政府までもが入り乱れて取引をしています。
国や経済の行き先が読める人、チャートを自在に操れるほどの資金を有する人、こんな人たちに勝てるはずがありません。

小さな利益をこつこつと手に入れて、大きな負けは避けるようにしていけば、少しずつ知識もついて、頑張れるような気がしています。

自分への戒めの記事でした。