チャート通りに社会情勢は動く!?

米ドル円の月足カップアンドハンドル 週末です。
イギリスのEU離脱で、すさまじいチャートになっていますね。

鉄道での人身事故が多発している模様…
為替や株の激しい値動きに関係あるんでしょうかね。。。

そして、このチャート、米ドル円の月足なのですが、見事なまでにカップアンドハンドルを形成しています。
このカップ部分にはリーマンショックや東日本大震災も織り込まれています。

月足をみてエントリーする人は少数派かもしれませんが、カップアンドハンドルを見越していたのならば、2015年半ばでショートエントリーしていれば、今頃莫大な富を築けていたかもしれませんね。

為替をやる上で、テクニカルとファンダメンタルズを別に考えることが多いと思いますが、実は両者は一体なのかもしれませんね。
テクニカルの中にファンダメンタルズが含まれているような気がしています。
チャートが社会情勢を物語っているのです。

さすがに、地震までは織り込まれてはいないと思いますが…。

チャートのみを信じてエントリーするのも、手だと思います。
そんなことを感じた週末でした。