誰かが損して誰かが儲ける

FXは誰かが損して誰かが儲ける FXをやる上で、常に自分に言い聞かせたいことがあります。
それは、為替取引には相手がいるということです。

一見不規則に動いているチャートですが、このチャートを動かしているのは為替取引をやっている人々なのです。
この画像の私のように、損する人がいるから儲けている人もいるのです。

このポジションは、この直後に切りました。
ここまで大きな損切りは、初です。

もう、FXをやめようかとも思いましたが、負けっぱなしもつまらないです。
絶対に勝てるまでやめません。
資金が足りなくなった場合には、貯まってからリトライします。

話を戻しまして、チャートを動かしているのは、実際の人間です。
群集心理だなんて言いますが、チャート上の色々なところに世界中の人たちの利確ラインや損切りライン、エントリーポイントなどが隠されています。

こういったことを踏まえて、再度チャートを見ると違った見え方になりましたので、このことを書き残しておこうかと思いました。