根拠のないエントリーと損切り

根拠のないエントリーと損切りの大切さ こんばんは。
FXにおいて、エントリーする時に、明確な根拠をもっていますか?

明確な根拠がないのにエントリーをしたりすると、この画像のように、とんでもないことになります。
ちなみに、このポジション、現在も保有していて、まだまだマイナスです。
豪ドル円のロングなので、1万通貨で1日あたり40円のスワップ金利がつきます。
それだけが救いのポジションです。

さて、なぜ私はこんなエントリーをしたのかというと、

  • 80.184円ってのは過去の相場の中ではかなりの低水準
  • これ以上下がる訳がない
  • ロングエントリーではスワップ金利がもらえる
こんな感じの理由からです。

しかし、こんなものは根拠とは言わないです。
確かに低水準かもしれませんが、これ以上下がる訳がないだなんて、私が判断できるわけがありません。
そして、スワップ狙いであるのならば、証拠金維持率をしっかりと保てるように十分な余剰金が必要になります。
豪ドル円のような、変動が激しい通貨ペアは、スワップ狙いにはあまり向かないですね。

塩漬けにして、プラスになるまで待ってから約定、そんな方法もあるかもしれませんが、ロスカットされてしまうくらいにマイナス方向に変動してしまうかもしれません。

エントリーする時には、明確な根拠と揺るぎない損切りラインが必要だと思います。

塩漬けはこれが最後です。
このポジションがプラスに転じるまで、耐えられるだろうか。
そして、スワップがどれだけ貯まるのだろうか。
楽しみです(笑)