日銀のETF買い入れについて

日銀のETF買い入れは間違いでは? 日銀は大規模な金融緩和としてETFを年間約6兆円のペースで買う予定だ。

ETFとは、簡単に説明すれば、いろいろな会社の株をブレンドしたようなもの
ETFを買えば、上述のいろいろな会社の株を買ったということになる。

日本の金融政策として日銀が日本企業の株を買っているのである。

これって、大問題なのでは?
日銀が大株主になりつつある。
ミツミ電機は1年後に日銀の株式保有比率が20.0%にも達すると試算されている。

日銀がETFを買い続けるようであれば、対象の企業は潤うかもしれないが、これが本当に景気策になっているのだろうか?
日銀がETFの買い入れを中止したらどうなる?
日銀が保有ETFを売りだしたらどうなる?

しばらくは、日銀のETFの買い入れを当てにして一個人の投資家は利益をあげることができそうだが、日本経済はこれで本当にいいの?
ソロスのように、こんなの間違っている!!と、色々な物を売り浴びせたい気持ちがいっぱいである。