【初心者必見】俺がFXを始めるにあたって心得たこと

FXを始める心と資金の準備

FXを始める心と資金の準備

最近では少額からのエントリーを扱う証券会社が増え、参加する敷居が低くなったFX。
TVコマーシャルをする証券会社もあり、為替投資する人が増えています。

その一方で、為替のことを何も知らずにエントリーをしてしまい、多額の借金を背負ってしまう人も増えています。

俺の事だな!?

……

この記事を読んでくださっている方は、おそらくFXに興味があり投資を始めたい方だと思います。
多額の利益があがり、楽しい未来を想像しているとは思いますが、FXはそんなに甘くはありません。
FXに参加するほとんどの人は、利益を出すことのないまま終わってしまいます。
3か月で90%の人は去っていくというデータがあるそうです。

それもそのはず。
FXという土俵には、
  • 世界を動かすことができるような資金を有したヘッジファンド
  • 世界の国家・政府
  • 証券会社・銀行
  • 専業プロトレーダー

がいるのです。
サッカーの素人が、ワールドカップのフィールドに立ち、試合をするのと同じことなのです。
知識がないままエントリーするのは、完全に運任せとなり、おそらくは負けます。

それと、大きな勘違いをしている人が多いのですが、FXは上か下かだから勝率は50%というのは大きな間違いです。
90%の人が利益をあげられずに去ってい事が、しっかりと物語っています。

勝率が50%の為替投資をしたいのであれば、バイナリ―オプションがオススメですね。

俺の事だな!?

……

上に行けば利益が出るエントリーをして、実際に為替相場が上にいったとする。
その利益をいつ確定させるかが問題なんだわよね。

ふむふむ

大きな利益が出るまで待てればいいけど、もうこれ以上は利益が大きくならないかもしれないし。

逆にマイナスに転じてしまうかもだよね。

そうなのよ。そして、そのマイナスがどんどんどんどん膨らむんだよね。

怖ぇ。

マイナスが大きくなった時には、なかなか決済ができない人が多いんだよね。

利益は早めに確定させれば、いいしょ。

それで結局、小さな利益、大きなマイナス。儲からないわけね。

パネェな。。。

為替はなぜ動くのか

為替はなぜ動くのか FXにおいてトレードをする場合に、通貨ペアでの価格変動が起こらないことには利益が出ません。
商売における「安く買って高く売る」というものと同じですね。

では、なぜ為替は変動するのでしょうか?
それは世界中のトレーダーの心境が変化し為替売買を行うからです。

ある国の経済状況が悪化しようが、政策が大幅に変わろうが、それだけでは為替変動は起こりません。
そういった経済状況や政策を受けて、トレーダーがトレードをするから価格が変わっていくのです。

当たり前の事なのですが、このことを常に念頭に置いておくことが大切だと思います。

トレードに参加しているトレーダーの心境を読み取ることができれば、利益をあげることができるということです。

プロのトレーダーは、大金を使って様々な情報を誰よりも早く手に入れています。
兼業トレーダーがその情報を手に入れる頃には有利なポジションを持っているか、もしかしたら既に利益を確定しているかもしれません。
こういった事実を踏まえているかどうかで、エントリーの仕方やFXに対する考え方が大きく変わってくると思います。

為替が動くのはトレーダーの心境の変化、大事です。

俺の心境の変化を世界中の人が読み取ってエントリーすればいいのにな。

……


FX指南書は古いものは意味がない

FX指南書は古いものは意味がない このチャートは2016年11月の大統領選挙から同年12月初旬までの約1か月の期間の4時間足です。

アメリカ大統領選挙はヒラリー氏とトランプ氏の戦いとなり、市場では90%ヒラリー氏の勝利と予想されていました。

また、ヒラリー氏が勝てば少々の円高、トランプ氏が勝てばドル円が100円を割るような大幅な円高と予想されていました。

選挙の結果はトランプ氏の勝利。
選挙中、トランプ氏有利の報道が流れた時には105円から101円手前まで円高が進みましたが、その後トランプ氏の勝利が確定するとドル円は急上昇し、1ヶ月かけて114円を超えるまでに上昇しています。

市場予想とはいったいなんだったのか。
そして、この急落後の急上昇をテクニカル的に説明ができるのか?
すべてにおいて想定外だったのかもしれませんが、最近の相場は専門家にも説明がつかない値動きをしているのが事実です。

また、最近では世界情勢が大きく変わりつつあります。
2016年の1年間でも
  • イギリスのEU離脱宣言
  • アメリカのでのトランプ氏の当選
  • OPECでの減産合意
  • イタリア国民投票での改憲否決

などがあります。
今までの価値観では図れない政策が選択されています。

世界情勢が変化して、相場環境も大幅に変わりました。
ファンダメンタルズでのエントリーも、今までのようにはいかなくなっていきていると思います。

そして、もうひとつ。
アルゴリズムが猛威をふるっています。
1000分の1秒単位での超大ロット超高速取引がなされています。
上述した想定外の動きの真犯人はおそらく、このアルゴリズムです。

アルゴリズムが暴走すると、オーバーシュートしメチャクチャ偏った相場となります。
値ごろ感や行き過ぎ感も、感情が無の機械が莫大な資金をもってエントリーしています。
一個人が勝てる相手ではありません。

以上を踏まえると、1年以上も前の情報はあまり意味をなさなくなります。
相場環境は常に変わっていくのです。
指南書を選ぶ場合には、最新のものにすべきです。
そして、ネットであれば、常に新しい情報が手に入ります。

お金をかけずに、ネット上で新しい情報を得るという方が、案外いいのかもしれません。

為替の予想ブログもたくさんあるけれど、日々状況が変わるから、数日経ったものは価値も下がるわね。

経済ニュースなんかを常々チェックだな。

週末のポジション持ち越しについて

2017年4月23日 フランス大統領選挙国民投票 土曜・日曜は、一般的には為替取引ができなくなります。
しかしながら、中東のある一部の国では取引がされており、国内の証券会社のチャートが止まっていようが、為替相場は変動しています。
そして週明け、週末の数値から大幅に離れたところからチャートが始まります。
これが窓開けという状況ですね。

チャートの画像は、2017年4月23日にフランスの大統領選挙が行われた時のユーロ円です。
4円弱の窓があいてます。
4円ですよ!?
400pipsですよ!?

こんな具合いに、週末のポジションの持ち越しはめちゃくちゃ危険です。
特に、今回のようなイベントがあった場合には致命的となります。
逆に、利益を得られる可能性もあるわけなのですが、追証(借金)となる場合もあるのです。
週末のポジション持ち越しは、避けた方が吉です。

こえええええーーーー!!

はんぱねーーーーーーーー!!

国債の長期金利と為替の関連性

国債の長期金利と為替の関連性 FXのエントリーにおいて、明確な根拠がなければ不安になりますよね。
為替変動は様々な要因から起こっていますから明確な根拠を挙げることは難しいのですが、今回は国債の長期金利と為替変動の関連性に触れてみたいと思います。

国債の長期金利とは

まずは、国債の長期金利について解説をしたいと思います。

例えば、
年利1%の国債が100ドルで発行されたとしますね。
これを手にいれば、100ドルを国に預け1年後には101ドルになってかえってくるということになります。

しかし国債よりも、もっともっと儲けられそうな株を見つけたとします。
投資は儲けてナンボなので、その国債を早々に投げて株の方に飛びつきますね。

この時に、できるだけ早く国債を売り払いたいため、100ドルよりも安い金額で売りに出します。
99ドルで売ったとしましょう。

99ドルでこの国債を買った人は、満期を迎えると101ドルが手に入りますね。
すると、実質の年利が変わったことになりますよね。
この場合では、1.02%ということになります。

この実質の年利を長期金利という指標で表しているのです。

長期金利の変動と通貨の変動

国債の長期金利と為替の関連性 多くの場合、長期金利が上がった国の通貨は買われる傾向にあります。
米長期金利が上がれば、米ドル円のチャートも上に向かうということです。

そのからくりは、
  1. 米長期金利が上がり、その国債を買えば儲かる気がする
  2. 日本人のオイラが米国債を買う決心をする
  3. オイラは円保有者なので米ドルに両替をする(円売りドル買い
  4. 晴れて米国債を手に入れる
というものです。

多くの場合長期金利が先行して動きますので、その動向に合わせて為替にエントリーすれば流れに乗ることができます。

でも、こうはならないパターンもあると思います。
上記のパターンは、アメリカの経済が好調でなければ成り立ちません。
多くの場合は、このパターンなのですが、そうでない場合とはどんな状況の時なのでしょうか?

注意したいパターン

長期金利が上昇しても、その国の通貨が下がっていく状況もあります。

それは、同じくアメリカを例えにして
  1. うお、アメリカがやべぇ、アメリカの国債なんか紙切れになるかもしれん!売るぜ!!
  2. 長期金利が高騰
  3. アメリカ、ヤバス!!ドルを売るぜ!!
  4. ドル大暴落

というものです。

国債の長期金利が上がれば、通貨価値もあがります。
ただし、そうならない場合もありますので、その時には即時撤退しましょう。

原油と為替の関連性

原油と為替の関連性 世界の血液とも言われている原油。
原油の価格変動は、経済界に大きな影響があります。

為替にも、もちろん影響があります。

原油の現状

基本的には過剰在庫の傾向にあり、価格が下がっていますね。
OPECなどで減産の話合いもしていますが、アメリカなどOPECに関係のない産出国もあります。

基本的には、生産量の調整で価格を上げたり下げたりしていますね。

アメリカのシェールオイルがOPECなんか関係ねぇ!!っていう態度をとれば、もっともっと原油安になっていきます。

原油価格の変動と通貨の変動

原油価格が安くなれば、オーストラリアやカナダなどの原油産出国の通貨は下がります。
そして、恒例の安全通貨への資金退避を行うのです。

すなわち円高です。

原油安が円高だという図式は100%成り立つわけではありませんが、基本的には円高です。